なぜいまGoogleマイビジネス?まずは、ここから始めよう!

なぜいまGoogleマイビジネス?まずは、ここから始めよう!

Sponsored Link

こんにちは、
ビジュアルクリエイターの
オクヒロユキです。

いま最優先で
取り組んだ方がいい集客法は
Googleマイビジネスである、
と昨日、お伝えしました。

その理由と方法について、
数回にわたり、お話していきます。

<今日のテーマ>
[1]まずは、これを確認してください
[2]なぜGoogleマイビジネスをすべきか?

━━━━━━━━━━
このメルマガは
・FANプロデューサーの視点から、
 WEBブランディング・集客・収益化ネタ
・ビジュアルクリエイターの視点から、
 発想や感性を養うネタ
の2軸で読者に役立つ情報をお届けします。
━━━━━━━━━━

最初に、やってほしいことは・・・。

  1. Googleを開く
  2. 自社名を検索する
  3. PCは右側、スマホは一番上に以下のような
    情報(Googleマイビジネス)が
    表示された場合、
    mybusiness01
    「このビジネスのオーナーですか?」と
    表示されれば、
    そこからオーナー申請を行う
    ※スマホでは、「詳細」に隠れています
  4. 「このビジネスのオーナーですか?」の
    表示がない場合は、以前にオーナー登録済み
  5. そもそも、Googleマイビジネスが
    表示されていない場合、
    「地図」のタブから確認し、
    なければ、自分で登録する

ここまでを確認してみてください。

//////////

最近、GoogleのTVCMが
よく流れていると思いませんか?

こんなCMとか。

莫大な予算をかけて
CMを流しているのは、
なぜだと思います?

約2年前に起きた、
WELQ問題によって、
SEOのアルゴリズムの信頼性が
問われたんですね。

※知らない人は調べてみてください
https://toyokeizai.net/articles/-/149965

検索者にとって、
全然最適な順位で表示されない、
有益な情報でなく、
嘘の情報でも上位表示されている、と。

検索エンジンの技術は
日々進化しているものの、
そういうことがあったので、
さすがに、Googleも焦りました。

検索エンジンを使ってくれる人が減ると、
広告を出稿してくれる企業も減り、
収益の柱である、
広告収入が減りますからね。

もっと、正しい情報を届けるには
どうすればいいか?

その判断基準に、
新しく加わった指標が
「きちんとしていること」です。

つまり、
地に足がついていること。

どんなに中身が良いページであっても、

ちゃんと身分を出して(住所のある)、
ビジネスをしている人と、

こそこそとネット上だけで身分を隠しながら、
ビジネスをしている人では、

順位に差をつけますよ~、と。

堂々と活動できない人は、
きっと悪いことをしているのではないか、と。

その中心に位置付くものが
「Googleマイビジネス」
「Googleマップ」

だから、
大量のCMを流して、
一般の人たちに、
もっとGoogleマップを
使ってもらうようにしているんです。

Googleマップの精度を高めるためにも。

正の循環が生まれて、
広告収入も増えますし。

//////////

SEOの基準は、
これまで
「何が」を重視していましたが、
「誰が」「どこで」を
重要視するようになってきています。

お客様に良いものを届けることは
もちろん前提としてありますが、
「あなた」や「会社」が何者なのかを
改めて考えてみてください。

それを素直に、
Googleマイビジネスに
落とし込んでいきましょう!

明日は、
最新のGoogleの恐い話と
味方に付けた方が収益になる話を
お伝えしようかなと思っています。

その上で、
ノウハウ部分を話していきますね。

【編集後記】

今夜(3月6日22時)の
「未来世紀ジパング」は
ベトナムの環境問題に
日本が挑む内容となっています。

僕の海外教育支援ビジネス仲間の
知り合いが番組に出るみたいなので、
楽しみ!

田舎で育ったので
環境問題には、そこそこ関心あり。

実は、
地元の自然を守りたいと思い、
環境系の大学、学部に進み、
がっつり環境問題を解決するための
研究をしてました。

大学のときは、
環境問題を子供に啓発する、
学生ボランティア団体を立ち上げたり、

大学院では、
国の研究機関で
二酸化炭素を削減するプロジェクトに
携わらせてもらったり。

僕の人生の後半は、
多分、地球と宇宙に関する何かに
取り組んでいるのではないでしょうか?

それが、
一番イキイキしているんでしょうね、
きっと。

 

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須

*