Googleマイビジネス対策STEP3の一部を公開

Googleマイビジネス対策STEP3の一部を公開

Sponsored Link

こんにちは、
奥です。

・・・4月に入ったのに、まだ寒いですね。

Googleマイビジネス対策STEP1&2のまとめ

Googleトレンド対策について、
まとめに入っていきます。

STEP1 登録情報の最適化
============

・ビジネス名(店名)
 →ペナルティのリスクがあるため、
  キーワードを入れない正式名称を推奨

・企業(店舗)情報
 →写真を含めて、漏れなく入力

・ウェブサイト
 →選定したキーワードを入れて作成

・口コミ
 →選定したキーワードを使って、
  口コミをしてもらい、
  返信にはキーワードを入れて補足

・メニュー
 →選定したキーワードを入れて作成

・投稿
 →最新情報は1週間程度の表示
  更新頻度が高いほど、評価ポイント
  クーポンや動画投稿も活用

・質問と回答
 →質問に回答して、
  Googleに情報を送付(自問自答もOK)

STEP2 キーワードの最適化
=============

できる人、
元々キーワードの選定に慣れている人は
STEP1と並行しながらでも構いません。

・お客様の悩み
・ライバルが少ない

これらの観点から、
キーワードを見つけましょう。

さらに、
その中で、実際に検索をして
地図が表示するかどうかを確認して、
表示/非表示を分けてください。

地図が表示するキーワードが
採用する優先順位の高い
キーワードになります。

探し方の一例)
「キーワードツール」
https://keywordtool.io/jp

検索ボリューム数など、
キーワードに関連する数字を知りたい場合は

「キーワードプランナー」や
「aramakijake」のようなツールを使うと、
精度の高い数字が分かるので、
調べてみてください。

キーワード選定に慣れてきた人や
キーワードが見つからなくなってきた人は

共起語の考え方を理解して、
簡易ツールで調べると、
よりいっそう幅が広がります。

※共起語とは、
 あるキーワードが含まれた文章中、
 一緒に用いられるキーワードのこと

「共起語分析ツール」
https://contentsearch.jp/cooccur-terms.php

そして、
ストックしたキーワードを
STEP1の対策に使っていく流れです。

//////////

現在、どこまで取り組めていますか?
途中の段階であったり、
忘れていたりする部分があれば、
バックナンバーで見直してくださいね。

今までは、内容の部分、
「何を」が一番比重が高かったのですが、

今後は、「誰が」が
一番重要視されていくと予想されます。

これは、
お客様や時代の流れに当てはまるだけでなく、
Googleの検索エンジンに関しても、
当てはまりです。

そのような評価ができるように、
検索エンジンのシステムが発達してきました。

つまり、
ブランディングの部分を
もっと強化していくこと、
ここが必須になると考えています。

STEP3の重要ポイントを公開

STEP3 コツコツ実績を積み上げる
================

大きく、「実績」と括っていますが、

来店者数や口コミ数と言えば、
イメージしやすいかと思います。

押さえておくと効果大の、
上記のような「実績数」は
いくつかありますが、

今日は、
STEP3のとっておきの対策の
一つを教えます。

それは・・・。

「Googleローカルガイド」の活用です。

今日はここまでにします。

【あとがき】

新元号、「令和」ネタを一つ。

逆さにすると違う漢字になる、
アンビグラム。

これは面白いですね!

 

Sponsored Link

最初のコメントをしよう

必須

*